motogadget(モトガジェット)ヒストリー




個人のアイデアが、なぜ世界的な革新の要因となったのか?


⏤⏤⏤ 01

始まり

1999年、将来を有望に見据えた機械工学の学生であるギャリット・ケラーは、自身のMoto Guzzi カフェレーサー用にスピードメーターを開発しました。なぜなら、市販の機器は彼の要件を満たすには程遠かったからです。そのアイデアがまもなく世界のバイクシーンを変えるきっかけとなるとは予測できませんでした。しかし、どんな難題も避けないテクニシャンの創造物は、彼の友人たちからも好評を得ました。ギャリットは2人のビジネスパートナーと共に、motogadgetというブランドを立ち上げ、1年後には手作りのバッテリーやデジタルコクピットディスプレイを販売していました。


⏤⏤⏤ 02

最初のシリーズのメーター

それでも、自宅で小規模なシリーズ生産を行うオタクたちの趣味でした。しかし、成功が彼らの野心を掻き立てました:2004年、初めて本格的に開発されたシリーズ計器が誕生しました。それは、非常にコンパクトなアルミニウム製ハウジングに、太陽の光でも見やすいユニークなLEDパネルを備えています。motoscope miniは一晩で、カスタムバイク界で注目を集めました。これが、motogadgetブランドの大きな成功の始まりでもあります。創業者たちはわずか2年足らずで、motogadgetをフルタイムで運営し、さらなる製品の開発に取り組んでいます。


⏤⏤⏤ 03

ポートフォリオの拡大

小さなチームは年々成長し、活気ある大都市ベルリンの中心部にある、より大きな敷地に移転した。その一方で、アナログのスピードメーターやタコメーターを含む製品ラインアップを拡大。現在では、すべての計器が連邦自動車交通局とABEの認定を受けている。オンラインストアの開設と卸売業者とのコンタクトにより、motogadgetはさらなる市場を開拓している。日本やアメリカの人々もドイツ人の驚くべき技術に驚いている。また、ポッティング技術、マイクロエレクトロニクス、バスシステム、CNC製造の専門知識は急速に発展しました。


⏤⏤⏤ 04

ドイツ製

そのため、2000年代にカスタムシーンが根本的に変化する中で、motogadgetは最先端に位置しています。技術の進歩と文化の開放により、新しい可能性が生まれ、従来の枠組みや限界が変わっていきます。今や、主要プラットフォームであるBIKE EXIFのほとんどの記事で、「Made in Germany」の製品が言及されています。ウインカー、スピードメーター、リレー、スイッチ、あるいは素人でもスリムなモーターサイクル用ワイヤーハーネスを作ることができるmo.unitは、現代のバイクアクセサリーの理解を革新します。


⏤⏤⏤ 05

カスタムシーンのお気に入り

なぜなら、motogadgetは流行に流されないからだ。他社よりも美しく、より小さく、より良く、より高品質に仕上げます。スタイリッシュな問題解決アイテム、プラグ&プレイ、Made in Germanyの製品はどんなバイクも引き立てます。そのため、motogadgetはトップリーダーやカスタムシーンにも利用されています。Deus Ex Machina、Jens von Brauck、Walt Siegl、Roland Sands、Ritmo Sereno、G-zacがmotogadgetを愛用しています。


⏤⏤⏤ 06

より小さく、よりスマートに、よりデジタルに

mo.blaze.tens-ウインカーは、1セント硬貨ほどの大きさで、世界で最も小さいウインカーのひとつである。非接触型のmo.lockは、車のキーを古めかしく見せる。デジタル化とネットワーク化はオートバイだけにとどまらないため、7年前にmo.rideアプリが登場しました。コントロールセンターであるmo.unit blueとスマートフォンをBluetoothで接続し、すべてのモーターサイクル・オーナーにまったく新しい機能を提供します。


⏤⏤⏤ 07

情熱と精密さ

しかし、こうしたイノベーションに必要な労力は相当なものです。設計の自由度は、極端な垂直統合と社内の能力の束化によってのみ達成できます。それゆえ、今日まで外部の投資家から独立しているmotogadgetは、創造的で技術に精通した人材にとって魅力的な場所として、ベルリンに依存し続けています。2016年、すでに23人の従業員が、ロボットのプログラミング、レーザーマーカーの装備、あるいは伝統的な時計メーカーのスタイルによる精巧なリンク式計器の組み立てなど、非常に複雑で絶えず成長するマシンパークを稼働させています。


⏤⏤⏤ 08

モーターサイクルのミラー革命

motogadgetは創業以来、変革を象徴してきました - そしてこの信念に忠実です。2018年に、mo.viewという完全に新しい世代のミラーが登場しました。これらのミラーは、もはやガラスではなく、薄くて頑丈なアルミニウムで作られており、ダイヤモンドで緻密に切削され、プラズマでコーティングされています。これは、Fraunhofer Institute IFAMの名だたる研究者との協力で開発された純粋なハイテクです。motogadgetは世界初の製品で再び不可能を可能にします。無数の特許と登録デザインがこのリードを確保しています。ISO 9001認証、デザイン賞の受賞、ECE承認を受けていることから、KTMがベルリン発の驚くべきミラーを採用した最初の大規模メーカーとなったのも不思議ではありません。motogadgetは今や、少なくとも最新の段階で、オートバイ業界の不可欠な部分となっています。


⏤⏤⏤ 09

新拠点と拡大したチーム

しかし、このことが栄誉に甘んじる理由ではありません。2021年、次の段階を開始する時がきました。開発、生産、管理全体が、将来の課題に対応できるように、ベルリン郊外の現代的な1800平方メートルの建物に移転しました。motogadgetの経営陣は、マーケティングと営業のプロフェッショナルを追加しました。チームは現在、25人の従業員と12か国からの数名のフリーランサーから成っています。創業者であるギャリット・ケラーは引き続き、経営者およびビジョンの主導者として会社を率いています。




motogadget(モトガジェット)

全163件